出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

機関誌「旅なかま」掲載記事など最新のトレンドがわかるブログ

旅のアクセント

従来の「今月のピックアップ!」と「旅のエトセトラ」を統合したブログです。機関誌「旅なかま」掲載の特集記事や対談など、朝日旅行の「今」が盛りだくさん! また「対決!」シリーズや旅先にまつわるプチ・トーク、グルメライターによる好評シリーズなど、旬の話題を中心に、テーマ性のある読み物をお届けいたします。

2019年02月15日

《特集》いま、縄文が熱い!

いま、縄文が熱い! 著保内野遺跡(北海道函館市) 出土の国宝・中空土偶(画像提供:函館市)   近年開催される縄文関連の展覧会はどこも盛況だ。 いったい何がそこまで人々を引き寄せるのか? はるかな時を経てもなお訴えかけてくる熱情の源とは? 激しさと美しさを併せ持つ出土品や遺跡を通して感じたい。 そう、今、縄文が熱いのだ!   ...

詳細を見る

2019年01月28日

旅のサイドストーリー ~旅人の心に添う 秘湯は人なり~ 第12回 宍戸康裕さん(白布温泉・東屋)

≪上杉家が残した温泉文化を守る≫ 白布(しらぶ)温泉・東屋(山形県米沢市) 宍戸 康裕(ししど やすひろ)さん 直江兼続、上杉鷹山らゆかりの湯、白布温泉・東屋。江戸期に上杉家の米沢藩とともに育んできた独自の温泉文化を館主の宍戸さんが語ります。 私の宿、白布温泉・東屋は、1312年に鎌倉幕府の御家人・佐藤宗純が開湯したと言われています。幕府から「湯司」の下文を受けたと...

詳細を見る

2019年01月21日

旅のサイドストーリー ~旅人の心に添う 秘湯は人なり~ 第11回 遠藤哲也さん(姥湯温泉・桝形屋)

≪仙境の秘湯で旅人を思う≫ 姥湯温泉・桝形屋(山形県米沢市) 遠藤 哲也(えんどう てつや)さん 山奥の秘湯に生まれ、宿を守るために孤軍奮闘していた遠藤さん。台風の被害を受けた直後の秘湯の会の会合で、遠藤さんの心の中で変化が起きました。 戦国時代の天文2(1533)年、鉱山師が金を求めて吾妻連峰を探索中、疲れて昼寝していると、夢に幼女を連れた恐ろしい形相の山姥が現れ...

詳細を見る

2019年01月17日

朝日旅行で行く 桜&ゴールデンウィークの旅 2019

JTBグループである朝日旅行で行く、ゆとりの行程で安心な桜とゴールデンウィークの旅を大特集! 待ち遠しい桜の季節。朝日旅行がおすすめする日本列島「桜」の旅。南から北の国まで、北上する桜前線を追いかけて、樹齢数百年をゆうに越える一本桜や古桜、桜のトンネル、夜桜などゆとりの行程と厳選された宿でめぐります。さあ、今年はどの桜に出会いますか? ▶詳しくはご希望の発地をクリ...

詳細を見る

2019年01月15日

旅のサイドストーリー ~旅人の心に添う 秘湯は人なり~ 第10回 平瀬定雄さん(鹿塩温泉・湯元山塩館)

≪サラリーマン、秘湯の宿を継ぐ≫ 鹿塩(かしお)温泉・湯元山塩館(長野県下伊那郡大鹿村) 平瀬 定雄(ひらせ さだお)さん 都会のサラリーマンだった平瀬さんは、結婚の縁で南アルプス山中にある秘湯の宿に入りましたが、そこには価値観が覆されるような世界が待っていました。 この湯元山塩館に携わる以前、私は宿とはゆかりの無いサラリーマンでした。給料や将来のこともあって大手の...

詳細を見る

2019年01月11日

《特集》サクラ❀サク 徳島 チェリーロードライン

サクラ❀サク 徳島 チェリーロードライン 写真:村田旅館前の桜(提供:阿部和剛氏)   国のため 散りにし青春(はる)を折々に 帰り給へよ この桜路を 少年時代、村のはずれで出征兵を見送った辛い思い出を胸に、50年もの長きに亘り植え続けた鎮魂の桜。春、花が咲いたら帰らぬ人々も嬉しかろうー たったひとりで植えた二千本の桜に込められた平和への願い。 ...

詳細を見る

2019年01月07日

旅のサイドストーリー ~旅人の心に添う 秘湯は人なり~ 第9回 後藤英男さん(高峰温泉)

≪標高二千㍍の宿の、知られざる物語≫ 高峰温泉(長野県小諸市) 後藤 英男(ごとう ひでお)さん 後藤家代々の苦難の結晶・高峰温泉を継いだ四代目の後藤英男さん。火災全焼、父との奮闘による再建、そして秘湯の会・岩木氏との出会いで学んだものとは? 高峰温泉は長野県小諸市、高峰山を望む二千㍍の稜線上に立つ一軒宿です。今に至るまでは四代に渡る歴史がありました。 曽祖父...

詳細を見る

2019年01月04日

旅のサイドストーリー ~旅人の心に添う 秘湯は人なり~ 第8回 深沢守さん(奈良田温泉・白根館)

≪陸の孤島の秘湯に生まれて≫ 奈良田温泉 白根館(山梨県南巨摩軍早川町) 深沢 守(ふかさわ まもる)さん 南アルプス山中の秘境・奈良田に生まれ育ち、温泉宿を継いだ深沢さんでしたが、常連客のすすめで秘湯の会に入会しました。そこで知ったものとは?   白根館のある奈良田は、南アルプス山中の陸の孤島と呼ばれ、日本最後の焼畑の村で、狩猟と曲げ物作りを主な生...

詳細を見る

2018年12月28日

旅のサイドストーリー ~旅人の心に添う 秘湯は人なり~ 第7回 星雅彦さん(栃尾又温泉・自在館)≪後編≫

≪湯治場の宿 四百年 後編≫ 栃尾又温泉 自在館(新潟県魚沼市) 星 雅彦(ほし まさひこ)さん 25代目として跡を継いだ若き宿主に訪れた経営難。山の温泉宿が進むべき道を照らしてくれたのは……。現「秘湯を守る会」会長の星雅彦さん後編です。 宿に戻って跡を継ぎ、5、6年経った頃、お客さんが次第に減ってきました。健康ランドのような日帰り温泉施設が新潟にも激増したのです。...

詳細を見る

2018年12月28日

旅のサイドストーリー ~旅人の心に添う 秘湯は人なり~ 第6回 星雅彦さん(栃尾又温泉・自在館)≪前編≫

≪湯治場の宿 四百年(前編)≫ 栃尾又温泉 自在館(新潟県魚沼市) 星 雅彦(ほし まさひこ)さん 江戸開府期から続く由緒ある温泉宿に、25代目として生まれた星雅彦さん。故郷を離れ、12年後、懐かしさを胸に帰郷した星さんが目にした宿の姿とは? この自在館は私で25代目になります。古い文献によれば江戸幕府ができた頃、その存在が確認でき、幕末の弘化二年に佐渡の小作人の母...

詳細を見る