出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

機関誌「旅なかま」掲載記事など最新のトレンドがわかるブログ

旅のアクセント

従来の「今月のピックアップ!」と「旅のエトセトラ」を統合したブログです。機関誌「旅なかま」掲載の特集記事や対談など、朝日旅行の「今」が盛りだくさん! また「対決!」シリーズや旅先にまつわるプチ・トーク、グルメライターによる好評シリーズなど、旬の話題を中心に、テーマ性のある読み物をお届けいたします。

2019年05月17日

ダ・ヴィンチ没後500年 その実像と最新ニュース

  去る2月28日、学士会館にて、2019年度の美の旅の商品発表を記念して行われた東京造形大学教授池上英洋氏の講演「ダ・ヴィンチ没後500年 その実像と最新ニュース」の概要を、数回に分けてご紹介いたします。     今年はレオナルド・ダ・ヴィンチの没後500年に当たり、世界中で様々な催しが行われます。今日は、最近話題になった『サルバトール・ムンディ』の...

詳細を見る

2019年05月17日

2019年夏 テーマのあるゆとり旅を紹介します!

年々暑くなる夏  涼しく、快適に夏を過ごしませんか 寒い冬が終わり、ようやく春らしい日差しを感じる今日この頃ですが、昨年夏の驚異的な猛暑のことを覚えていらっしゃいますか。今、目の前に昨年7月23日付けの朝日新聞の記事があります。 「連日の厳しい暑さは22日も各地で続いた。全国927の観測地点のうち、西日本豪雨の被災地も含め、237地点で最高気温が35度以上の猛暑日、66...

詳細を見る

2019年05月16日

絶景!世界の大自然を歩く人気のハイキングツアーを紹介します

フランス・スペイン 穏やかに美しいピレネー山脈を歩く   フランスとスペインの国境ともなる長さ約430 km のピレネー山脈。最高峰アネト山(3404 m)を中心に峰々が連なります。かのナポレオンが「ピレネーを越えるとそこはアフリカだった」という言葉を残したように、この自然の要塞がイスラム勢力の進出を防ぐ、歴史上とても重要な役割を担ってきました...

詳細を見る

2019年05月16日

旅なかまVol.300 ~旅なかま300号記念号に寄せて

明治学院大学講師 塚本 博氏     ~旅なかま300 号に寄せて-美の女神に誘われて~ これまでの朝日旅行による海外美術ツアーを振り返ると、印象に残ることは多々あるが、その中でも2008 年秋に催行した「フィレンツェ美術とトスカーナ都市めぐり」は、ある特別な情景が脳裏に甦ってくる。それはローマのスクデリエ美術館で開催された画期的なジョヴァンニ・ベッリーニ特別展が行程に含ま...

詳細を見る

2019年04月24日

『旅人の心に添う 秘湯はひとなり』。朝日旅行がおすすめする「日本秘湯を守る会」とは?

日本人にとって身近な癒しであり、旅行の楽しみのひとつにもなる温泉。最近は普段見ることのない絶景を求めて秘湯を訪れる温泉愛好家も多く、秘湯をメインにしたツアープランも増えてきています。 そこで今回は、全国の秘湯で組織される「日本秘湯を守る会」の会員宿をめぐりながら、その魅力についてご紹介していきます。いつもとはちょっと異なる温泉旅行を計画している方は、必見です! 続きはこちらをクリック→...

詳細を見る

2019年04月09日

旅なかまVol.297 ~西欧の向こうに~私の東欧・中欧案内

〔本稿は会員誌『旅なかま』2019年Vol.297に掲載されたものです〕 ご新規のお客様には最新号を無料でお送り致しますので、こちらのフォームからお申込みください。なお、部数に限りがございますので、お早めにお申込みください。 作家で、朝日カルチャーセンター講師の高橋ブランカさんに、来年予定されている「私の好きなセルビア案内」の旅について伺いました。弊社では来年春より新企画「私の...

詳細を見る

2019年03月29日

《特集》151年目の北海道

151年目の北海道 北海道の名付け親とも呼ばれる大仕事を成し遂げた人物―松浦武四郎 画像提供:松浦武四郎記念館   昨年、命名百五十年の節目を迎えた北海道。かつて蝦夷地と呼ばれた未開拓の地を6回にわたり探査した男がいた。探検家として、幕府の命を受けた役人として、地形から歴史、風土や文化をさまざまな角度から記録、紹介し、北海道の名付け親とも呼ばれる大仕事を成し...

詳細を見る

2019年02月15日

《特集》いま、縄文が熱い!

いま、縄文が熱い! 著保内野遺跡(北海道函館市) 出土の国宝・中空土偶(画像提供:函館市)   近年開催される縄文関連の展覧会はどこも盛況だ。 いったい何がそこまで人々を引き寄せるのか? はるかな時を経てもなお訴えかけてくる熱情の源とは? 激しさと美しさを併せ持つ出土品や遺跡を通して感じたい。 そう、今、縄文が熱いのだ!   ...

詳細を見る

2019年01月28日

旅のサイドストーリー ~旅人の心に添う 秘湯は人なり~ 第12回 宍戸康裕さん(白布温泉・東屋)

≪上杉家が残した温泉文化を守る≫ 白布(しらぶ)温泉・東屋(山形県米沢市) 宍戸 康裕(ししど やすひろ)さん 直江兼続、上杉鷹山らゆかりの湯、白布温泉・東屋。江戸期に上杉家の米沢藩とともに育んできた独自の温泉文化を館主の宍戸さんが語ります。 私の宿、白布温泉・東屋は、1312年に鎌倉幕府の御家人・佐藤宗純が開湯したと言われています。幕府から「湯司」の下文を受けたと...

詳細を見る

2019年01月21日

旅のサイドストーリー ~旅人の心に添う 秘湯は人なり~ 第11回 遠藤哲也さん(姥湯温泉・桝形屋)

≪仙境の秘湯で旅人を思う≫ 姥湯温泉・桝形屋(山形県米沢市) 遠藤 哲也(えんどう てつや)さん 山奥の秘湯に生まれ、宿を守るために孤軍奮闘していた遠藤さん。台風の被害を受けた直後の秘湯の会の会合で、遠藤さんの心の中で変化が起きました。 戦国時代の天文2(1533)年、鉱山師が金を求めて吾妻連峰を探索中、疲れて昼寝していると、夢に幼女を連れた恐ろしい形相の山姥が現れ...

詳細を見る