出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

機関誌「旅なかま」掲載記事など最新のトレンドがわかるブログ

旅のアクセント

2011年08月02日

【スタッフひろば】 のみものがたり Part 1

hiroba_2011_08_title.jpg

〔本稿は会員誌『旅なかま』2011年8月号に掲載されたものです〕
紹興酒 from China
中国(中華人民共和国)がまだ一般の観光客を受け入れなかったとき台湾(中華民国)にはよく行きました。中国のお酒で初めに飲んだのは「紹興酒」で第一印象は薬くさい漢方薬の様でお酒とは思えない飲み物でした。しかし酒好きの身体は本人の意思とは関係なく「乾杯」「乾杯」の連続で段々身体に紹興酒が染み込んでいきました。当然ですが中華料理に良く合うのですっかりファンになってしまいました。台湾を訪れるたびに「乾杯」「乾杯」で本当によく飲みました。当時お酒は免税で3本までは持ち帰る事の出来た時代で多くの人が免税店で日本市場価格の半分以下で高級ブランデーやウイスキーを購入したものです。今は免税店より量販店の方が安い場合もありますが当時の「舶来物」は税金が高かったのです。そんな中でも紹興酒を免税店で買って日本で味わったものです。紹興酒は浙江省紹興市で作られる伝統的な黄酒である事は後日解かりましたが台湾では紹興酒のビンのラベルに埔里(ホリ)で作られた事が書いてあります。数回の訪台後 その場所を訪れる機会が有って念願の「埔里酒廠」を見学しました。紹興酒は戦後 蒋介石が国民党と共に台湾に来た1950年からの製造との事で意外と歴史は浅いのです。埔里酒廠は1917年の日本統治下で日本酒の製造をしています。日本人の杜氏はここの水が酒作りに適していると判断したのでしょう。「万寿酒」という日本酒は大変良く出来たお酒で昭和天皇に献上された事もあったようです。平和な今の日本では各国の美味しいお酒を楽しむ事ができます。今夜は本場、浙江省の紹興酒と台湾紹興酒を飲み較べて楽しい一夜を過ごしたいと思います。 (近藤 高史)

マンタロー from France
フランス、特に夏のカフェに入るとあちこちから聞こえてくる不思議な響き「マンタロー」。日本人の耳からするとどうしても「万太郎」に聞こえてしまいます。もちろんフランスに万太郎という人がたくさん住んでいるわけではなく、みんなmenthe a l’eau マンタローという緑色の飲み物を注文しています。直訳するとミント水。
ミネラルウォーターにミントシロップを入れただけのシンプルなもので、かなり毒々しい色をしています。大人から子供まで緑色の液体を美味しそうに飲んでいる風景はちょっと異様ですが、飲んでみるととろりと甘く、暑い日に喉を潤すのにぴったりです。フランス人にとって、夏に恋しくなるラムネのような飲み物でしょうか。
ちなみにミネラルウォーターの代わりにソーダ水で割ったものがdiabolo mentheディアボロマント。炭酸が入っている分すっきりしています。
ちょっと不思議なマンタロー。カフェテラスで試してみてはいかがですか? (茅野 慎吾)

ヨハニスベーレザフトとアプフェルショーレ from Germany
食事中の飲み物、お酒を嗜む方はいいけれど、飲まない方はどうしてますか?ということで、ドイツでおすすめのソフトドリンクを二つご紹介します。ひとつは「Johannisbeeresaft(ヨハニスベーレザフト)」。ベリーの一種・すぐりのジュースで、甘過ぎず、酸っぱすぎず、食事と一緒にいただけます。きれいなビロード色が食欲ならぬ飲欲?をそそります。注文する時は、「ヨハニス」だけで通じます。もう一つは、Apfelsaftschore(アプフェルザフトショーレ)。リンゴジュースを炭酸で割ったもので、リンゴの甘味がほどよく緩和され、炭酸ですっきりとした味わいになります。暑い夏はこれが一番。ちなみにこれは、英語が全くわからないドライバーが教えてくれたもので、ザフトをとってアプフェルショーレとも言います。お水は飽きた、そうかといってコーラやジュースはちょっと…という時、是非お試しください。
(小林 広子)

リベラ from Switzerland
私のオススメの飲み物は「rivella(リベラ)」という飲み物。スイスへ旅行される方にはぜひ試して頂きたい飲み物で、スイスのレストランのメニューに必ずと言っていいほど入っています。
初めて名前を聞いた時、思わずウェイターのお兄さんに「どんな飲み物?」と聞いてしまいましたが、お兄さんは「リベラを知らないの!?」というようなビックリした表情をしていました。それほどスイスの国民的な飲み物のようです。日本で言うと、カルピスみたいな存在でしょうか?
乳酸菌入り炭酸清涼飲料で、ラベルが赤・青・緑と、三種類あります。赤がノーマルで、青はカロリーオフ、緑は緑茶エキス入り。その時の気分で飲み分けて下さい。
味は…さっぱりとした炭酸入りのリンゴジュース?のような感じです。不思議な味のするリベラは、好き嫌いがはっきり分かれます。私は好きですが、人によっては苦手と感じるかもしれません。
スイスでしか飲めない限定ドリンクなので、まだ試したことのない方は、ぜひ一度、試してみて下さい。 (宮田 遥香)

投稿:朝日インタラクティブ