出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

機関誌「旅なかま」掲載記事など最新のトレンドがわかるブログ

旅のアクセント

2012年05月07日

〔国内・首都圏発/名古屋発〕マウリッツハイス美術館展【真珠の耳飾りの少女】 閉館後にゆったり鑑賞!

〔本稿は「朝日旅行・首都圏版 2012年5月8日号」に掲載されたものです〕

マウリッツハイス美術館展貸切見学

真珠の耳飾りの少女 マウリッツハイス美術館蔵

【マウリッツハイス美術館展】
 「王立絵画館」の名で知られるオランダ・マウリッツハイス美術館。17世紀オランダ・フランドル絵画の世界的コレクションの中から選りすぐった名品約50点が、生まれ変わった東京都美術館のグランドオープンを飾ります。
 最大の注目は、世界的なフェルメールブームのシンボル的存在「真珠の耳飾りの少女」の来日です。振り返った少女が肩越しにまなざしを投げかけるこの作品は、絵画史上最も愛されてきた名画の一つとして鑑賞する人々を魅了してきました。今回は、初期の作品「ディアナとニンフたち」とあわせて2点のフェルメールが出品されます。
 さらには、「自画像」をはじめ「羽根飾りのついた帽子をかぶる男のトローニー」など一挙6点が並ぶレンブラントが壮観です。そのほか、ルーベンス、ヤン・ブリューゲル(父)フランス・ハルスら、巨匠たちの傑作の数々を堪能します。

●閉館後にゆったりと鑑賞します(通常2時間で2000名様程度の入館のところを、今回は500名様限定でご案内)。
●学芸員のセミナー(30分程度)を受講できます。
●お土産にフェルメールの作品をプリントしたコットンスカーフをプレゼントします。
 会場では販売しない限定グッズです。スカーフの地色にオランダの名産・デルフト焼きをイメージした青をあしらい、柔らかな質感が特徴です。
●ドリンクサービス付き

【ベルリン国立美術館展 学べるヨーロッパ美術の400年】
 国立西洋美術館では、15世紀から18世紀のヨーロッパ美術について、イタリアと北方の美術を比較しながら観ることができます。フェルメールの「真珠の首飾りの少女」やボッティチェッリの素描など優れた作品が出品されます。

★★★★★関連ツアー
[首都圏発] No.3065 ヨーロッパ美術を感じる 〜マウリッツハイス美術館展とベルリン国立美術館展〜(日帰り)
[名古屋発] No.8022 真夏の夜の美 マウリッツハイス美術館展 2日間
[関西発] No.1582 二大フェルメール展と東京散歩 2日間

投稿:朝日インタラクティブ