出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

機関誌「旅なかま」掲載記事など最新のトレンドがわかるブログ

旅のアクセント

2011年08月05日

2011年8月 5日 〔国内・首都圏発〕 能取湖を染めるアッケシソウと釧路川源流をゆく

アッケシソウの秋

能取湖のアッケシソウ
アッケシソウの秋
   真紅に染まる能取湖畔

アッケシソウは海水の入り混じる砂泥地に生育するアカザ科の一年草です。その名の通り、元々は釧路の厚岸(あっけし)湖で発見されたことから名付けられました。別名サンゴ草とも呼ばれ、道内ではサロマ湖、風連湖などにも分布していますが、中でも最も美しいと言われているのが能取湖です。9月になると湖面が真紅のジュータンを敷きつめたような光景に変り、訪れる人々に強烈な印象を与えることでしょう。静かな道東の湿原を結んで、夏から秋への自然の移ろいを訪ねる3日間。咲き競う花々と、旬の味覚にも大満足です。

[写真:能取湖のアッケシソウ  提供:ひがし北海道観光事業開発協議会]
pup_2011_08_a_bottom.jpg
[写真左:鶴雅リゾートのディナー(イメージ)]
[写真中:美幌峠  提供:美幌町]
[写真右:釧路川源流下り(イメージ)  提供:アトレーゼ]

このツアーの詳細:1073 能取湖を染めるアッケシソウと釧路川源流をゆく 3日間

投稿:朝日インタラクティブ