出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

機関誌「旅なかま」掲載記事など最新のトレンドがわかるブログ

旅のアクセント

従来の「今月のピックアップ!」と「旅のエトセトラ」を統合したブログです。機関誌「旅なかま」掲載の特集記事や対談など、朝日旅行の「今」が盛りだくさん! また「対決!」シリーズや旅先にまつわるプチ・トーク、グルメライターによる好評シリーズなど、旬の話題を中心に、テーマ性のある読み物をお届けいたします。

2019年06月07日

オセアニアの自然を歩く ~ニュージーランド編~

  万年雪を抱くサザンアルプスの美しい山並み、迫力の氷河、可憐な花々、固有種も多い動植物の生態系。ここニュージーランドにはあらゆる自然の魅力が存在します。 南半球であるニュージーランドでは日本の冬が夏にあたります。この変化に富んだ多様な魅力を求めて世界中から自然愛好家が集います。その楽しみ方は様々。植物観察、ウォーキング、ハイキング、そして世界的に知られるトレッキングコースへのチ...

詳細を見る

2019年06月07日

オセアニアの自然を歩く ~タスマニア編~

ユーカリのアロマが芳(かおる) タスマニアの森へ 原生の森や何千もの湖を有し、世界で一番空気と水がきれいな島と謳われるタスマニア。島には大小あわせて19の国立公園があり、島の20%が世界遺産に登録されています。 タスマニアの森には、9500万年前のゴンドワナ超大陸にまで遡る植物があり、樹木は天に届くかと思われるほど高く伸びています。植生は大きく3つに分かれていると言われ、冷温帯雨林の太...

詳細を見る

2019年06月07日

世界中のハイカー憧れの地ニュージーランドを歩こう!

  厳しい気候の美しい フィヨルドランド国立公園 サザンアルプス最南西部にある、フィヨルドランド国立公園は、世界自然遺産に登録された、ニュージーランド最大の国立公園です。ここには絶壁が連なるフィヨルド以外にも、年間降水量7500ミリの、厳しい気候が作り上げた、輝く懸垂氷河や無数の滝、色鮮やかな緑の苔むす原生林などがあり、様々な自然が融合した美しさは、ニュージーランドで最も...

詳細を見る

2019年06月07日

これからが本番!南半球の絶景~ニュージーランド編~

日本とは季節が反対で、これから春、そして夏を迎えての、訪れるには最も良いシーズンとなるニュージーランド。 これから旅の計画をされている方もおられるかと思いますが、わたくし渡辺からニュージーランドのおすすめポイントをご紹介させていただきます。 マウントクック・リリー・・・ 先ずは11月から12月に最盛期を迎えるニュージーランドの花『マウントクック・リリー』。いつもガイドブックなどでは青空と...

詳細を見る

2019年06月07日

ニュージーランド vs ネパール対決

  小川(以下 小)・日本がこれからどんどん寒くなっていくと、いよいよニュージーランド(以下NZ)の季節です! 南半球のNZはこれからが春〜夏のベストシーズンです。 松浦(以下 松)・ネパール「も!」長い雨季が終わり、山々が一番美しく見える季節を迎え、これからがベストシーズンです。ところで、今回、何でネパール対NZなのか不思議なお客様もいらっしゃるのではないでしょうか?一見、...

詳細を見る

2019年06月07日

南半球の楽園!固有植物の宝庫ニュージランド

  雄大な大自然が迎えてくれるルートバーントラック ©Tutoko Outdoor Guides KIORA! ((キオラ・ニュージーランド(以下NZ)の公用語であるマオリ語で「こんにちは」)) 初夏を迎え、国内や海外の旅行、山歩きを楽しまれる中、秋以降のツアーをご検討される方もいらっしゃることと思います。この時期は10月以降の旅行商品が発表になる時期でも...

詳細を見る

2019年06月07日

ネパールの雄大なヒマラヤ

  カトマンズのダルバール広場 観光立国ネパールは外国人ツーリストが国の経済の重要な一翼を担っているといっても過言ではありません。旅行者が増えることは、宿泊・商店などの施設を始め、飛行機やバスなどの交通機関、そしてガイドやシェルパなど、たくさんの仕事に波及していきます。 神々の山嶺・ヒマラヤ ネパールってどんな国? 「雄大なヒ...

詳細を見る

2019年06月04日

秋に「私の東欧・中欧案内」へ

    ◇バルカンハイライト◇ ~バルカン半島に5カ国をめぐる旅 歴史、絶景、宗教と毎日が変化の連続~   このコースでは、旧ユーゴスラビア3カ国(ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、マケドニア)とコソボとアルバニアを巡ります。   ベルリンの壁の崩壊後、多民族国家ユーゴスラビアは次々と分...

詳細を見る

2019年05月30日

陣内秀信先生へのインタビュー 秋の「南イタリア・プーリアの旅の魅力」について

陣内秀信先生   ◆石が造り出したプーリア◆   鹿野:本日は、陣内先生に今回のプーリアの旅についてお伺いするためにご自宅にお邪魔しています。先 生よろしくお願いします。まず、イタリアの各地方はどこも魅力が一杯で、トスカーナやヴェネト、シチリア島を挙げただけでもそれぞれが全く違った魅力に溢れています。その意味でプーリアというところは、どう違って...

詳細を見る

2019年05月29日

美食とオペラの街、ボローニャ

    ミラノに20年住んでいたこともあり、今でもよくイタリアを訪れます。自分が住んでいたミラノの他にはボローニャに行くことが多いです。ボローニャ歌劇場を日本に招聘する仕事に長年たずさわってきたので、友人知人が多くいるからです。 ボローニャで有名なものといえば、ヨーロッパ最古を誇るボローニャ大学、ポルティコと呼ばれる街中に張り巡らされたアーケード(雨が...

詳細を見る