出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

機関誌「旅なかま」掲載記事など最新のトレンドがわかるブログ

旅のアクセント

2014年08月04日

旅なかま7月・8月合併号 友達以上、恋人未満の台湾 台湾観光協会東京事務所所長 江 明清氏

 

〔本稿は会員誌『旅なかま』2014年7月・8月合併号に掲載されたものです〕

友達以上、恋人未満の台湾 台湾観光協会東京事務所所長 江 明清氏

話題のプロモーション!
台日同名32駅と写真コンテスト

朝日旅行のスタッフ(以下、朝):今、台湾の観光プロモーションが大きな話題になっていますね。

江氏(以下、江):はい。台日同名32駅プロモーションです。台湾には、日本と同名の駅が32駅あります。それで、駅と同じ苗字・お名前の方を募集しています。

台湾の鉄道路線

:日本と同じ駅名が32もあるんですね。驚きました。

:これは台湾だけです。日本統治時代に作られたんです。1898年後藤新平さんが民政長官に就任し、台湾の近代化に大きな足跡を残しました。鉄道もその一つです。既に800名様位かな?応募があります。当選された方、各駅1名様、合計32名様を11月に台湾にご招待します。同名駅の一日駅長になっていただいて、記念切手も発行します。実際に使用できる顔写真の入った切手を用意する予定です。

:それは、素晴らしいですね。関山とか田中とか、私達の同僚や上司と同じ名前の駅もありますが、私達も応募できますか?

:勿論です。締切は8月20日。是非応募してください。

:当選したら、休暇とります!(笑)

:もう一つは、写真コンテストです。日本の方が推薦する日本。日本の方が推薦する台湾。台湾人が推薦する台湾。台湾人が推薦する日本。既に1600通くらい応募があります。締切は12月26日。これも是非応募してください。

:この11月に「台湾セミナー」という特別企画があります。ご参加された方には、是非応募していただきたいですね。宣伝します。

国立故宮博物院

特別企画「台湾セミナー」
国立故宮博物院貸し切り見学

九份

:今、日本人のお客様は増えているそうですね。

:3月までで前年より10%増えました。

:上野で「国立故宮博物院」の展覧会もあります。

:国宝が展示されますから、我々も注目しています。

弊社では11月に特別企画「台湾セミナー」を実施します。様々なテーマで8つのコースを企画していて、いずれのコースでも、台北の「国立故宮博物院」を夕方から貸し切って見学します。100名様から120名様くらいで見学する予定ですが、台湾の方でも「国立故宮博物院」というのは、やはり特別ですか?

:はい。収蔵品が70万点くらいありますからね。一生かかっても見切れないです。私も台湾に帰った時は、しょっちゅう行きますから、その貸し切り見学には、是非参加したいですね(笑)

台湾烏龍茶でおもてなし江 明清氏

台湾の魅力1・リラックス

:先ほど、台湾の駅名と日本の駅名(名前)が同じというお話しがありましたが、日本と台湾、似ているところがとても多いですよね。日本人が台湾に行くと、よく「ほっこりする」と言いますが、そういうことと関係ありますか?

:台湾は、旅行していて違和感がないんです。たとえば〇〇さん、英語が堪能、でもアメリカに行ったら、やっぱり外国人です。すぐ日本人だとわかるでしょ。でも台湾は違う。誰も日本人だって、わからない。目立たない、地元の人と一緒。だから、リラックスできる。これは旅行の神髄ですよ。

:お客様もおっしゃいますね。台湾に着いた時から、リラックスするって。空気が違うって。

:初めてのところなのに、違和感がない、これは重要です。夜遅くまで散策を楽しめる安心感は、日本と双璧です

:お食事も美味しくて、口に合います。

:それは味付けが一緒だからです。

:調味料が同じということですか?

:そうです。50年前から一緒です。私の幼いころは、毎朝、味噌汁、漬物がありました。生卵も食べてました。生卵は日本と台湾にしかない食文化ですよね。カレーライスもありますよ。私が初めて日本に来た時、なぜ台湾のカレーライスがあるのか?台湾の料理を日本が真似したのか?と思ったくらいです(笑)それから、日本にある果物は、全部台湾にあります。りんご、かき、もも、いちご狩りもできます。お茶もあります。個人でも、茶畑のオーナーになれますよ。茶摘みも体験できます。

:先ほどご紹介した「台湾セミナー」でも、メニューに茶葉料理も入れる予定です。茶摘みも・・。ツアーが集まったら、是非よろしくお願いします(笑)。

バザール(果物コーナー)

台湾の魅力2・友好的・快適

:旅行していて、違和感がない、居心地の悪さを感じないというのは、素晴らしいことですよね。台湾は、リピーターがとても多いと聞きましたが、それはその居心地の良さというのが、大きいですね。

:それと言葉ですね。台湾では「元気?」とか普通に使います。日本語ですが、台湾の言葉だと思って使っている言葉もあります。それから78才以上の方は日本語教育を受けたので、日本語を話します。台湾の人は、もともと旅人に対して友好的です

:道を聞いても、とても親切に教えてくれて、ついて来てくれたりする。他の国ではないですよね。

:旅行で大切なのは、安全と安心ですよね。それから友好的であること。世界で一番友好的なのは、台湾ですよ。日本と台湾の相互観光客数は、互いに年間150万人前後。これは、世界で一番バランスがとれているといわれています。日本と台湾の関係は「友達以上、恋人未満」だと、ぼくは思っています(笑)。それから、多くのところが24時間営業なので、観光しても不便がないんです。本屋さんも24時間営業。コンビニエンスストアーも。だから昼間の観光の後、夜は普通の生活に触れられます。だから、何倍も楽しめます。

何度行っても楽しめる

今回の「台湾セミナー」もいろいろなテーマがありますが、観光地以外に、是非、こういうところを見て欲しい・・というところはありますか?

:沢山あります。総統府、日本統治時代の建物、足を延ばして、淡水もいいですね。古い街並みが残っていて。

総統府

:人々の生活、そういったものに触れられるところはいかがですか?

:日月潭に行ったり、九份など訪れ、雑貨店をゆっくり見て歩くのもいいですね。温泉の公園とか、地元の人と触れ合いもいいですよ。森林浴やハイキングもできます。最初に出ましたが、列車もいいです。新幹線も日本の700系統ですから、日本みたいです。

:列車も、風景のいいところを走りますよね。「台湾セミナー」でも、列車を利用したツアーがありますので、是非体験していただきたいですね。

:太極拳が好きな方、ハイキングが好きな方、それぞれぴったりの素材がありますから、それに合った旅をしていただきたいですね。

:素材がありすぎて困りますね。「おいしい台湾」「くつろぎの台湾」「温泉の台湾」(笑)。まさに、何度でも行ける、何度行っても楽しめる、それが台湾ということですね。

:行かないと後悔しますよ。行くなら今でしょ(笑)。

:はい。是非、友達以上、恋人未満の台湾で、ほっこりしたいです。今日はありがとうございました。

台湾観光協会 東京都港区西新橋1-5-8 西新橋一丁目川手ビル3F 電話 03-3501-3591 皆様、是非お越しください!

 

 

 

投稿:朝日インタラクティブ