出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

機関誌「旅なかま」掲載記事など最新のトレンドがわかるブログ

旅のアクセント

2019年10月25日

バレエの聖地 サンクトペテルブルクへ

 

 

バレエファンにとっての憧れの地といえば、ロシアのサンクトペテルブルクではないでしょうか。

2018年冬、来日したマリインスキー・バレエの公演は、連日満席の大好評だったようで、バレエ界における人気と格の高さを感じさせました。

マリインスキー・バレエは世界五大バレエ団の一つで最高峰とも言われる名門中の名門で、二百年以上の伝統を誇り、バレエの歴史に多大な影響を残してきました。活動の本拠地であるサンクトペテルブルクのマリインスキー劇場は、独特のグリーンを基調とした上品な色合いが印象的で、歴史を感じさせるその空間で公演を見られるだけでも一生の思い出になるような場所です。

マリインスキー・バレエをはじめ、世界のトップバレエ団へ多くの優れた人材を送り出してきたのが、同市内にある名門バレエ学校「ワガノワ・バレエ・アカデミー」です。ニジンスキーやパブロワ、ヴィシニョーワ、ルジマートフなど、数え切れないほどの伝説的スターダンサーを輩出しており、その入学試験は世界トップレベルの厳格さであることでも知られています。

 

また近年注目が高まっているのは、今年の夏に来日したばかりのエイフマン・バレエです。現代の鬼才振付家として知られるボリス・エイフマンが1977年にサンクトペテルブルクに創設したバレエ団で、その公演は世界中で人気を博しています。現在建設中の本拠地となる劇場「ダンス・パレス」に付属するバレエ学校「エイフマン・ダンス・アカデミー」が2013年に開校しました。ワガノワとは趣の異なる近代的でモダンな建築に、クラシックに限らずジャズやヒップホップなど総合的なユニバーサルダンスの教育機関として話題を呼んでいます。

その他にもサンクトペテルブルクの街には、かつてマリインスキー・バレエで活躍していたプリンシパルやソリストによるバレエスタジオなどもあり、 子供から大人まで広くバレエに親しんで美しきロシアバレエの伝統と歴史を守っています

サンクトペテルブルクでは3月前後に「マリインスキー国際バレエフェスティバル」が開催され、連日興味深いプログラムが上演されます。世界中のバレエファンにとって是非訪れてみたい憧れのイベントといえますが、スケジュール等の発表が遅いのが毎年悩ましいところ。バレエファンの皆さまは、いつでもお出かけできるよう心のご準備を。

是非、バレエの聖地サンクトペテルブルクでロシアが誇るバレエの美に触れてみてください。

 

 

《関連ツアー》

 

 

 

 

 

投稿:WEB管理担当