出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

機関誌「旅なかま」掲載記事など最新のトレンドがわかるブログ

旅のアクセント

2019年07月10日

絶景が織り成す太古の森と氷の国立公園 ニュージーランド

 

 


フィヨルドランド国立公園


巨大大陸ゴンドワナが分裂と移動を繰り返したのは今から約一億年前のこと。ニュージーランドもこの大陸から分裂し、太平洋に浮かぶ2つの島となり、日本と同様に南北に伸びる島国であります。地形や気候によって様々な景観が生み出され、2つの島には全く違うジオラマが完成。火山活動によって形成された山々や温泉の宝庫の北島に対し、氷河の侵食によってできたアルプスやフィヨルドの地形が広がる南島。二つの島は永い間静寂に包まれており、ほとんど外敵がいない土地でもあったため、鳥の楽園となり、固有の植物もたくさん生み出されていったのです。

そんな太古の大自然が織りなす南島の南西部に広がるフィヨルドランド国立公園は、ニュージーランドにある13の国立公園の中では最も大きく、世界でも最も広い国立公園のひとつになっています。

大きさは日本の新潟県とほぼ同じ。この中には断崖絶壁に切り立った入り江が魅力のミルフォードサウンドや、皆さんも一度は耳にされた方も多い世界中のトレッカーたちの憧れでもあるミルフォード・トラックルートバーン・トラックなど、数々のニュージーランドを代表するトレッキングポイントも点在します。

 


ウエストランド国立公園


南島の見どころとしておすすめしたい場所のもうひとつが、西海岸に広がるウエストランドタイ・ポウティニ国立公園マウントクック国立公園の西に隣接しており、氷河の多いことで知られている国立公園です。

ここの氷河はとても珍しく、三千メートル級のアルプスからタスマン海のすぐそばの温帯多雨林が生育している低地まで達しているものもあり、とても身近に氷河観光を楽しめる場所なのです。また、一日に最大4mという他の氷河に比べて驚異的な速さで移動しており、氷河の末端部まで見に行くと、長い歳月をかけて谷を下ってきた太古の氷塊がきしんだり、崩壊したりする音をきくことができます。
これらのメインとなるのがフォックス氷河フランツジョセフ氷河。双子の氷河とも言われており、共にこの国立公園の主役です。毎年30mもの積雪があるサザンアルプスから急勾配で横たわり、訪れる人を魅了して止みません。

これらの絶景はまだまだ他にもニュージーランドには点在しますが、今後開催されます公開旅行説明会ではたっぷりとその魅力をご紹介いたします。お友達をお誘いの上、一度ご覧になるだけでも構いませんので皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。 (文 渡辺孝史)

 

【関連ツアー】

ニュージーランドツアーはこちらから>>>>

 

 

投稿:WEB管理担当