出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

機関誌「旅なかま」掲載記事など最新のトレンドがわかるブログ

旅のアクセント

従来の「今月のピックアップ!」と「旅のエトセトラ」を統合したブログです。機関誌「旅なかま」掲載の特集記事や対談など、朝日旅行の「今」が盛りだくさん! また「対決!」シリーズや旅先にまつわるプチ・トーク、グルメライターによる好評シリーズなど、旬の話題を中心に、テーマ性のある読み物をお届けいたします。

2011年08月02日

【スタッフひろば】 のみものがたり Part 1

〔本稿は会員誌『旅なかま』2011年8月号に掲載されたものです〕 紹興酒 from China 中国(中華人民共和国)がまだ一般の観光客を受け入れなかったとき台湾(中華民国)にはよく行きました。中国のお酒で初めに飲んだのは「紹興酒」で第一印象は薬くさい漢方薬の様でお酒とは思えない飲み物でした。しかし酒好きの身体は本人の意思とは関係なく「乾杯」「乾杯」の連続で段々身体に紹興酒が染み込...

詳細を見る

2011年08月02日

2011年8月 2日 旅なかま8月号 巻頭特集

〔本稿は会員誌『旅なかま』2011年8月号に掲載されたものです〕 鹿野(以下「鹿」) ・ 本日は、今年度のモーツァルト劇場による『イドメネウス』の公演が先週(6月18日)終了しましたが、大変お疲れのところ、ご自宅にお邪魔しています。先生は1983年にモーツァルト劇場を創設されまして、これまで日本語によるモーツァルトのオペラを中心に公演を続けてこられましたが、どういった経緯で日本語によるオ...

詳細を見る

2011年07月26日

2011年7月26日 〔国内・関西発〕 乗鞍岳絶景ルート 宝徳霊神を行く

〔本稿は「朝日旅行(関西版・号外号)」2011年7月8日発行に掲載されたものです〕 乗鞍岳の山頂に登らなくても、お花畑と北アルプスの山岳パノラマを堪能できる旅です。標高2540m、宝徳霊神の道をたどった山頂直下には、初夏でも大雪渓がひろがり、遅い雪解けを待っていた花々が登山道脇に咲き誇ります。ゴールの大黒岳からは、晴れれば北アルプスの名峰群のまるで風景画のようなパノラマをご覧いただけます。初...

詳細を見る

2011年07月06日

2011年7月 6日 【国内・首都圏発】 夏のオススメ旅行 その3

〔本稿は「朝日旅行(首都圏版)」2011年6月20日号に掲載されたものです〕 信州・安曇野(あづみの)。清冽な水の流れや小径でつましく微笑む道祖神。日本有数の山岳景観を借景に、どこか懐かしい山里の原風景が広がります。 特別列車「リゾートビューふるさと」は松本から白馬まで約60キロを乗車。千国街道「塩の道」に沿って走ります。常念岳、鹿島槍ヶ岳、白馬岳と、北アルプスの雄峰が次々と現れてはその...

詳細を見る

2011年07月06日

2011年7月 6日 【国内・首都圏発】 夏のオススメ旅行 その4

〔本稿は「朝日旅行(首都圏版)」2011年6月20日号に掲載されたものです〕 ご夫婦の旅 日本海の夕景と大曲花火大会 3日間 ひとり旅 大曲花火大会とみちのくの仏像 諏訪湖上大花火大会 2日間 諏訪湖上大花火大会と上高地 2日間 その他、夜空を彩る光の芸術 長岡花火大会 2日間、 宮島 水中花火大会と熱狂の阿波おどり 3日間 の各コースも好評受付中です! ...

詳細を見る

2011年07月05日

【スタッフひろば】 今月の『対決』 南アメリカ vs 南部アフリカ

川上(以下「川」)・昨年のワールドカップは大成功でした。次はリオですね。成功を祈ります。 寺尾(以下「寺」)・もちろん確実ですよ!なんせサッカー大国ですから、国民の情熱が成功を導きます。それに試合でも南米は圧勝です! 川・いやいや、南アフリカの実力もワールドカップの後から急激にかわってきました。ゆくゆくは確実にアフリカ大陸から優勝チームがでると思います。 寺・ところでこの...

詳細を見る

2011年07月04日

2011年7月 4日 旅なかま7月号 巻頭特集

四川への旅 中国の地図を開いてみましょう。南を流れる長江を遡って行くと、その上流に周囲を高い山で囲まれた大きな盆地があります。ここが私たちの訪ねる四川の地です。この四川盆地は、水利が発達し、一年を通じて気候が温暖であるところから、中国でも屈指の農業生産を誇っていて、「天府の国」と呼ばれてきました。  四川の地は、古来、北の黄河流域の地方とは異なる独特の歴史文化を有していました。先年、まるで...

詳細を見る

2011年06月04日

【スタッフひろば】 今月の『対決』 フリーステイ ロンドン vs パリ

〔本稿は会員誌『旅なかま』2011年6月号に掲載されたものです〕 [左:海外旅行部 轟木 雅子 右:添乗員 宇賀神 美香]  ロンドンとパリ — 好みのわかれるところではありますが、今回は「フリーステイ(自由行動の多い滞在)をするなら」という観点で比べてみました。情報があふれ、見所もとても多い二つの街。何度も訪れた添乗員が、時間がたっぷりあるからこそできる贅沢な過ごし方、ガイドブックに...

詳細を見る

2011年06月01日

2011年6月 1日 「旅なかま」2011年6月号 巻頭特集 1

 日本においてケルト文化を紹介した第一人者であり、ケルトから日本まで「ユーロ=アジア」の関係を追って装飾・デザイン交流史を研究している多摩美術大学教授 鶴岡真弓先生にお話をうかがいました。今こそ、「繋がり」を求める時―それはまさに私たちの旅のテーマともなりうるお話であり、約2時間に及んで語って頂きました。その一部をここに紹介させていただきます。  本日は、大学の入学式のお忙しい中、『...

詳細を見る

2011年05月31日

2011年5月31日 【国内・首都圏発】 夏のオススメ旅行 その2

 今春全通した九州新幹線。快適な鹿児島への列車旅で、指宿に浮かぶ神秘の島や鑑真和上ゆかりの「坊津」、石垣の集落「大当」など、南薩摩の秘境を訪ねます。宿泊は全17 室妙見の秘湯「おりはし旅館」と指宿温泉の佳宿「秀水園」。名湯と新鮮な海の幸に舌鼓。  鑑真和上が初めて日本の地を踏んだのが西暦753年、坊津秋目浦だったといわれています。苦節10年、失明しながらも6度目の挑戦でたどり着いた感慨は...

詳細を見る