出発地を選択してください。出発地はいつでも変更できます。
出発地を選択してください。
×
MENU

機関誌「旅なかま」掲載記事など最新のトレンドがわかるブログ

旅のアクセント

従来の「今月のピックアップ!」と「旅のエトセトラ」を統合したブログです。機関誌「旅なかま」掲載の特集記事や対談など、朝日旅行の「今」が盛りだくさん! また「対決!」シリーズや旅先にまつわるプチ・トーク、グルメライターによる好評シリーズなど、旬の話題を中心に、テーマ性のある読み物をお届けいたします。

2011年09月21日

2011年9月21日 〔国内・首都圏発〕 特集・第63回正倉院展鑑賞の旅

[本稿は『朝日旅行 首都圏版・神奈川版』9月20日号に掲載されたものです] ★★★★★関連ツアー No.2181 正倉院展と京都御所 秋の瑠璃光院 3日間 No.2183 奈良の正倉院展と南都七大寺の秘宝・秘仏 3日間 No.2180 秋の京都御所 冷泉家と正倉院展 2日間 No.2182 今秋の正倉院展・特別事前講座 3日間 No.2184 正倉院展と奈良ホテル菊水楼「松茸御...

詳細を見る

2011年09月02日

旅のプチトーク(こばなし)enjoy your フライト!

〔本稿は会員誌『旅なかま』2011年9月号に掲載されたものです〕  長時間フライトの必需品は段階圧力ソックスのメディキュット(英国の医療用ストッキングがルーツ。)です。日頃も会社で1日座って家に帰ると足がむくんで困っているのですが、長時間の機内ではさらに拍車をかけてパンパンになります。その為、機内で落ち着いたらメディキュットに履き替えて過ごします。これがなかなか効くもので、今まで...

詳細を見る

2011年09月01日

2011年9月 1日 旅なかま9月号 「美の旅」担当からのお知らせ

〔本稿は会員誌『旅なかま』2011年9月号に掲載されたものです〕 500年の失われた時から蘇るダ・ヴィンチの絵画作品  7月にレオナルド・ダ・ヴィンチの失われたと思われていた絵画作品「救世主キリスト」(サルバトール・ムンディ)がニューヨークで発見されました。2009年の「美しき姫君」(油彩画ではない。現在完全にダ・ヴィンチの真筆と評価が確定した訳ではない)を除けば、おおよそ...

詳細を見る

2011年09月01日

2011年9月 1日 旅なかま9月号 巻頭特集

〔本稿は会員誌『旅なかま』2011年9月号に掲載されたものです〕  ナポリを見てから死ね、という決まり文句がある。黄金時代のナポリを讃えたものだ。18世紀末にナポリを訪れたゲーテは、先に深い感銘を受けたローマのことを失念してしまうほどナポリの活気に夢中になり、『イタリア紀行』(邦訳は岩波文庫にあり)の中で多くの頁を割いている。この大都市の素晴らしさを充分に理解するためにまずはあの時代を、...

詳細を見る

2011年08月24日

2011年8月24日 〔国内・首都圏発〕 特集・紅葉の鳥海山麓と月山姥ヶ岳

[本稿は『朝日旅行 首都圏版・神奈川版』8月22日号に掲載されたものです]  鳥海山のめぐみに育まれた貴重なブナの原生林や、清らかで豊富な伏流水が湧き出す湿原など、秋色の鳥海山麓を自然案内人の解説で巡ります。  中島台では、「あがりこ大王」などブナの巨木の森を歩き、世界的に貴重な「鳥海マリモ」など珍しいコケ類が自生する獅子ヶ鼻湿原を探勝します。五合目の祓川(はらいがわ)では、紅葉に...

詳細を見る

2011年08月23日

〔国内・首都圏発〕 美味しい休日・武蔵野の自然と溶け合うやさしい精進料理

[本稿は『朝日旅行 首都圏版・神奈川版』8月22日号に掲載されたものです]  新宿から電車で約20分とは思えないほど、静寂で凛とした空気をまとった東京・小金井市の三光院。昭和9年に、京都嵯峨野の曇華院から招かれた米田租栄禅尼によって開かれた臨済宗の尼寺では、室町時代から受け継がれてきた「京都竹之御所流」精進料理を楽しむことができます。  お食事をいただく十月堂で、まず最初に供されるのが...

詳細を見る

2011年08月08日

2011年8月 8日 〔国内・首都圏発〕 特集・越中おわら風の盆

[写真提供:富山県]            . 「うたわれよー わしゃ、はやす」  正調おわらの詩情豊かな旋律。編笠、揃い浴衣の気品溢れる女踊り。そして哀調漂う胡弓の音色…。繰り広げられる独特な風俗は他では見られない幻想的なものですが、ひとつひとつがおわら風の盆になくてはならない貴重な文化遺産です。  一番の見どころ町流しは、各町々で自主的に始まるもの。一堂に会するような見学場所等はあり...

詳細を見る

2011年08月05日

2011年8月 5日 〔国内・首都圏発〕 能取湖を染めるアッケシソウと釧路川源流をゆく

アッケシソウの秋    真紅に染まる能取湖畔 アッケシソウは海水の入り混じる砂泥地に生育するアカザ科の一年草です。その名の通り、元々は釧路の厚岸(あっけし)湖で発見されたことから名付けられました。別名サンゴ草とも呼ばれ、道内ではサロマ湖、風連湖などにも分布していますが、中でも最も美しいと言われているのが能取湖です。9月になると湖面が真紅のジュータンを敷きつめたような光景に変り、訪れる人...

詳細を見る

2011年08月02日

【スタッフひろば】 のみものがたり Part 1

〔本稿は会員誌『旅なかま』2011年8月号に掲載されたものです〕 紹興酒 from China 中国(中華人民共和国)がまだ一般の観光客を受け入れなかったとき台湾(中華民国)にはよく行きました。中国のお酒で初めに飲んだのは「紹興酒」で第一印象は薬くさい漢方薬の様でお酒とは思えない飲み物でした。しかし酒好きの身体は本人の意思とは関係なく「乾杯」「乾杯」の連続で段々身体に紹興酒が染み込...

詳細を見る

2011年08月02日

2011年8月 2日 旅なかま8月号 巻頭特集

〔本稿は会員誌『旅なかま』2011年8月号に掲載されたものです〕 鹿野(以下「鹿」) ・ 本日は、今年度のモーツァルト劇場による『イドメネウス』の公演が先週(6月18日)終了しましたが、大変お疲れのところ、ご自宅にお邪魔しています。先生は1983年にモーツァルト劇場を創設されまして、これまで日本語によるモーツァルトのオペラを中心に公演を続けてこられましたが、どういった経緯で日本語によるオ...

詳細を見る